発酵ジャーニー【OKINAWA vol.1】

今回の発酵ジャーニーの行き先は、沖縄。

沖縄の発酵と言えば、まずは泡盛。

ということで、沖縄の泡盛の酒蔵
「瑞泉」で有名な瑞泉酒造さんにお邪魔しました。
DSCF0108
初対面であったにもかかわらず、なぜかこんなにも楽しくお話ししているのか・・・それは、発酵で繋がっているからですね。
DSCF0066

日本のお酒である日本酒と泡盛。
だけども全然ちがーーーう!!

まずは、私の好きな微生物から違うんです。
日本酒は黄麹菌。
泡盛は黒麹菌!

黄麹菌が生成するものは乳酸菌。
黒麹菌が生成するものはクエン酸!

どちらも酸性だけどクエン酸のほうが酸性が強いんですって。DSCF0074

日本酒は腐敗しないように寒い季節に仕込みますが
沖縄では年中、泡盛を仕込むことができるんです。

つまりは、沖縄の亜熱帯な地域でも腐敗に強く発酵できる菌が黒麹菌なんですって!

黒麹菌が沖縄の土地にはぴったりであることを先人たちは長い経験の中で試行錯誤しながら見つけていかれたのでしょう。

沖縄に黒麹菌あり!泡盛あり!

瑞泉酒造さんは大切に保管されていた戦前の黒麹菌で泡盛も作られています。戦前の泡盛の味を復活させているんですよ。

DSCF0094

菌って凄いですね。

愛さえあればと人は言いますが、私はそれを愛(発酵菌)に変換してしまうのです。発酵病です。笑

愛(発酵菌)さえあれば・・・戦前の泡盛もおばあちゃんのお漬物も・・・ずっとずっと続くのです・・・

それは、ぬか漬けであり手前みそもそうですね
発酵はプロフェッショナルのものでもあり、私たちのものでもあるんです。

100年床のぬか漬けを食べながら、泡盛をぺろっとなめて今日は寝ようっと。

色んな人たちの愛をたくさんいただき今日も元気に過ごせました。

ありがとう。

DSCF0062

※瑞泉酒造
http://www.zuisen.co.jp/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です