Fermented fruit

五行の考えでは、秋は空気が乾燥し、肺に負担がかかる季節。
と言われていますが

私も夏とはお肌も体も乾燥しやすいのだと実感しております。

喉がイガイガしております。病名まではついていませんがこれぞ未病だな、と思って、養生しております。

まずは体の中から

肺を潤し咳を止める作用のある季節の果物、柿を

ぬか漬けにしました。

酔い覚ましの果物としても知られているため、二日酔いの朝には

おすすめでございます。

(最近、チャングムの誓いにハマっており、チャングム口調になってしまいます笑)

チャングムは料理人として宮廷に入り、途中から女医として活躍いたします。

そのなかで、この五行のお話も出てきました!

柿の効能も、秋は乾燥、憂い悲しみやすくなる季節ということも

五行とチャングムの誓いから教えていただきました。

柿をぬか床に入れるのは、発酵好きな私の考えでございます。

ぜひ、色んなぬか床の美味しさを、発酵とフルーツの新しい世界を

皆さんにもお届けできたらと思っております。

残席僅かですが、今週末の30日、ぬか床をぜひ一緒に仕込みましょう!!

外からは、鼻うがいとセサミオイルでうがい、そして加湿器も発動しております。

外からも中からも秋は潤して参りましょう。

NATSUKI’S HACcOoo KIITCHEN nukadoko

柿ぬか漬け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です